スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】第21回と烈火伝第1章フレーバーまとめ

こんばんわ!最近急に暑くなってきましたねーコウヒキツネです!(狐∀狐)ノシ
先日放送しました生放送の動画をアップと烈火伝第1章のフレーバーのまとめをあげました!

                 5月23日放送
            
第21回「フレーバーを読んでみると意外に面白い」
MC ファンタジーセンチ、ハングリーWALD
ゲスト アリ
Twitter スパイシーキツネ


今回使用BGM紹介 HP「フリーBGM DOVA-SYNDROME」から
OP・ED   「Lovely Dears」 by AnonymentHP
バトルBGM 「地也」 by 仙保Twitter
        「Japan battle」 by 石屋HP



フレーバーは続きから!結構長いです(^^;
神仲島の戦いの後、単身で炎武の国を去った者がいました。
当時は名を持たぬ一介の兵で、「武丸」と呼ばれていたそうね。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(ムシャトカゲ)

有力者達は反旗を翻し、六統幕府の勢力は縮小した。(ヤイバード)

皇仁の乱後、炎武の国は六統幕府の支配下の城を次々に落とし、勢力を拡大した。
そして、炎武の国を「戦国龍」が継ぎ、彼の地、神仲島へと兵を進めた。(ヒエンドラゴン)

神仲島で最初の合戦に備えて陣を構えた炎武の国と厳陀羅の連合軍は、
その夜、甲蛾忍の襲撃を受けた。(ハガネヴルム)

「我が刃は空を裂き、闇夜を照らす紅蓮の刃。逃れることはできぬ」(鬼武者ライザン)

サムライ・ドラゴンは5つの合戦を通して殿の役割を全うした。(ホムラチーター)

「これより先に行く者は、我が刀“炎雷”の錆にしてくれよう」(サムライ・ドラゴン)

第四の合戦に、「智水明王」は一計を案じた。
陽動作戦によって、おびき寄せた陰陽領の軍を一網打尽にする策であった。(武将 劉萬)

暗闇の中、忍風の気配を誰よりも早く嗅ぎつけたのはセンゴク・タイガーであった。(センゴク・タイガー)

戦歴553年4月。「覇界明王」が陰陽領の支配地域に侵攻した。
これ以降、11年続いた戦を神仲島の戦いという。
―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(ヨロイステゴ)

戦歴561年8月。実質的には最終決戦となる第四の合戦の火蓋が切られた。
―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(炎将龍ゴウエン)

武竜が勢力を拡大していたころ、
古竜たちは六統幕府内の勢力争いに明け暮れていたって話だ。(赤刃龍ザ・ヒート)

当時の合戦では、見事なブレイヴと合体している武将ほど身分が高いとされた。(竜甲冑ドラグマル)

炎武の国を継いだ「戦国龍」は、交通の要所たる神仲島に目をつけていた。
初陣として申し分ない大きな戦の予感を感じとっていたのかもしれない。(鎧飛竜オーソデルガー)

戦国龍」は「覇界明王」の要請を受け、炎武と厳陀羅の連合軍を成した。(尖岩渓谷の大地)

見事な庭造りに時を忘れそうになるが、溶岩の川が長居を許さない。
―ソウルスポット 17/47―(No.17 ストーンリバー)



戦歴562年1月。第四の合戦の最中、「邪法師」が帰還した。
―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(ガスミミズク)

邪法師」は神仲島の戦いの以前から、厳陀羅には腹を据えかねていたそうね。
戦で村々が荒廃してこそ陰陽領の支配が行きとどく、と言ったとか言わないとか。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(式鬼神ホウリキ)

皇仁の乱以降、勢力拡大のため炎武の国が討ち倒した武将たちは、
神仲島の各合戦にて、陰陽領の武将として再び立ちはだかった。(赤鬼バクゾウ)

邪法師」の兵は幾度となく続く合戦に疲弊していた。
果てない消耗戦の末、戦場には生死の境が曖昧なものばかりが残った。(落ち武者ボーン)

戦歴562年2月。「鎧闘鬼」は魂の呪法で蘇った軍勢を従え、
赤剣明王」の軍勢を押しとどめた。―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(鎧闘鬼ラショウ)

第四の合戦、ヒレンの策による波状攻撃は厳陀羅の陣形をかき乱した。(ヘンドレスリッター)

「邪法師様が戻られるまで、決して退いてはならぬ」(吸血陰陽師ヒレン)

陽動作戦の術中にはまり、陰陽領の兵が誘いに乗りかけたとき、
邪法師」は軍勢を率いて本陣に舞い戻った。(堕落憎コクゴウ)

邪法師」は第二の合戦にて深手を負った。
呪法の使い手にとってその治癒は造作もないことではあったが、
一線を退き深い眠りにつく必要があった。(ケムリザル)

第二の合戦にて、「蒼海明王」の斬撃が「邪法師」に傷を負わせたそうよ。
その剣は今も宝剣として受け継がれているわ。
―クロエ『戦国余談 武人伝』─(紫煙龍)

混沌の眠りから目覚めた時、「邪法師」は魂の呪法で黄泉の軍勢を呼び戻した。(式鬼神ザンキ)

邪法師」がナラクを封じることが、炎武の国が調停に同意する条件だった。(王鬼ナラク)

陰陽領は霊獣を紙に封じ使役する呪法を編み出したそうだ。(折神バード)

邪法師」は魂の呪法を継ぐ、陰陽領の正統な領首であった。(折神ホース)

炎武の国と陰陽領の合戦は長きにわたった。
その凄まじさは、この合戦場から推して知るべし。(千本槍の合戦場)

巨大な岩が奥へ奥へと手招きする。
その誘いに乗ったものは二度と帰らない。
―ソウルスポット 3/47―(No.3ロックハンド)


甲蛾忍は「邪法師」の側に加勢した。
義も忠もないが、傭兵集団としてこれ以上の働きをする奴らはいないね。(甲蛾忍ホッパ)

忍風の里は、傭兵と刺客の集まる忍の組織。
甲蛾、異牙、風魔ぞれぞれが独自の思惑で方々の国に刺客を放つ。(ウズラッキー)

風魔忍より斥候に長けた忍はいなかったそうだ。
そりゃあ、どんな小道を進んでも、空から見れば一目了然だ。
―シバ『研究所感 欄外手記』―(風魔シノビリカ)

第一の合戦は、甲蛾忍の夜襲で傷を負った武竜たちがいたため、
長期戦を避けて大規模なものにはならなかった。(甲蛾忍トックリワスプ)

第二の合戦においては、炎武の国の動きは陰陽領に筒抜けであった。
陽の下で生きるものに、風魔の目を逃れられるものはいない。(風魔ニンコウチョウ)

忍風の戦いが記録に残ることは珍しいが、
甲蛾上忍ベッコウ鬼武者ライザンの一戦は語り草になっている。(異牙忍ラッパンサー)

甲蛾忍の頭首は、影寄せの術を得意とする。
一人いたら三人いると思え。気づいた時には囲まれているぞ。(甲蛾忍シュルカブト)

甲蛾忍は夜戦を得意とする一派だ。夜目がきき物音を立てず忍び寄る。
真っ向勝負の武竜には、相手にしづらいだろうね。(甲蛾忍クサリカマ)

神仲島の戦いに対して異牙忍は見にまわった。
忍風の同士討ちを避けるべきとの判断だ。(異牙忍コクロウ)

厳陀羅の教えは巨体の闘神から小柄な殻人にまで広まっていった。(異僧兵ゾウム)

風魔ニンコウチョウの偵察により、炎武の国の陣容は明らかとなった。(エルダームース)

「炎が闇を照らしても、後ろに目はついておらんだろう」(甲蛾上忍ベッコウ)

この見た目でも、忍風の速さについていけるっていうんだから驚きよね。(ハグルガマ)

忍風の里には、どうも腕のいいカラクリ職人がいたらしい。(カラクリオオカミ)

段々畑を見下ろす高嶺。
頂上に咲く花を煎じて飲めば不老不死になれるとか。
―ソウルスポット 22/47―(No.22サイレントヒル)

忍風の術は、日々の研鑽によって培われる。(吹き荒ぶ旋風)



寺院に拠点を構えた厳陀羅には、百戦錬磨の武将もおいそれとは手を出せない。(緑鳥童子)

戦乱で不安を煽られたものたちの信望をあつめたのが、厳陀羅であった。(仏師パググ)

赤剣明王」を厳陀羅の看板というのなら、「蒼海明王」は厳陀羅の剣ね。(カニコング)

厳陀羅は闘神たちを中心に組織された。
そして、その門は誰に対しても開かれていた。(青海童子)

不意を突いた波状攻撃により厳陀羅の本陣まで攻め入った「邪法師」は、
覇界明王」と一騎打ちで互角の戦いを繰り広げたという話よ。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(白空童子)

陰陽領にとっても、調停の申し出は渡りに船だったろうね。
この乱世、ひとつの争いに没頭していると、後ろからズドンといかれかねない。
―シバ『研究所感 欄外手記』―(ヤリスキッド)

「苦しむ人がいれば、手を差し伸べるのが正道というものでしょう」(赤剣明王)

「敵軍にも策に長けたものがいるようですね」(智水明王)

神仲島を掌握することはかなわなかったが、
厳陀羅は此度の戦で勢力拡大への足がかりを得たのだった。
そして、陰陽領との和睦の道を進めた。(ノーチラス。ゴレム)

その剣の一振りは、山をも吹き飛ばすって。それが4本も!
―シバ『研究所感 欄外手記』―(蒼海明王)

戦歴564年11月。神仲島の戦いは、薄金の調停によって終結した。
―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(剣豪獣人ガオウ)

「救世明王」は戦で荒れ果てた村々に教民寺を建てました。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(救世明王)

どんなに船が頑丈だと言われても、乗るのは遠慮しておくよ。(ハイドラシップ)

第四の合戦の折、「智永明王」は討ち死にした。
策は破られたが、死力を尽くし合戦を互角以上のものにした。(ジエットカルラ)

水上建築の厳かな佇まいを見ていると、
心が静まり、スピリットたちも落ち着くようだ。
―ソウルスポット 34/47―(No.34ラージアイランド)

厳陀羅と陰陽領の領地を隔てる山々の上にそびえる寺院。
この地にて神仲島の戦いの調停が成された。(千間観音堂)



六統幕府の勢力の縮小により、かつての幕府領は一時内戦状態にあった。
機巧の国はその内乱の中で一勢力を築き上げていった。(アシガルウォーリアー)

大機巧武者コンゴウは、機巧の国の名だたる豪族たちを服属させ、
機巧の国の地盤を固めていった。(カッタースワロー)

“白鬼”は内乱の後、姿を消した。(機巧犬セタドッグ)

同型機といえども、すべてが同じ武将に従うとは限らないよ。
なにせ、世は群雄割拠の大戦国時代だからね。(機巧武者サイウン)

歴552年。陰陽領は厳陀羅と炎武の国の連合軍の侵攻を察知し、
忍風の里に派兵を要請した。
―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(源氏八騎 日数ディフェンダー)

機巧の軍で“白鬼”と呼ばれる鬼神のごとき働きをした機巧がいたの。
同型機の兵も恐れたという話よ。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(吹雪御前)

第四の合戦は両軍合わせて三万を超える兵力が集った。
―エンジ『戦国正伝 神仲島之巻』―(機巧将シグレ)

「この薄金が、こたびの戦の幕引きを担う」(源氏八騎 薄金ストレイカー)

第五の合戦の水面下で調停の根回しを進めたのが薄金ストライカーだそうね。
双方調停の話が進むのを待っていたから、激しい戦闘にはならなかったのかも。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(機巧将ギョウテン)

華黄の国の世継ぎの問題は周辺諸国にとっても一大事であった。(モノクロリザード)

機巧の国での内乱は六統幕府内の勢力争いの煽りを受けたものだ。
でも、無名の武将には名をあげる絶好の機会だったかもね。
―シバ『研究所感 欄外手記』―(咆獣機ライオメイル)

機巧の国では、身分を問わず才あるものを重用する気風があった。(巨腕の機巧武者ラガン)

機巧が合体したら、傷をつけることも難しいだろう。(鎧戦車ヒットーカブト)

合体した機巧が1体で城門を守り抜いたという逸話が残されているわ。(鎧袖ファイター)

すべてが凍てつく極寒の地。
きらめく氷の絶景は一見の価値だが、防寒具の用意を忘れずに。
―ソウルスポット 1/47―(No.1ノースシーロード)

機巧の城は、休みなく他国ににらみを利かせ続ける。(機巧城)


妖戒衆から借金したら、全部木ノ葉になって飛んでってしまいそうだな。
―シバ『研究所感 欄外手記』―(一つ目ボーズ)

妖戒衆は、豪商の走りとも言える商人組織の後ろ盾を持っていた。(からかさマン)

戦の戦況を見ながら、双方に兵糧を貸し与えたそうだ。
勝ち馬に乗るのが妖戒の戦法ってことか。(かっぱっぱ)

カシャネコは炎武の国に加勢し、
第三の合戦で陰陽領の山城を落とし名を上げた。
「戦国龍」曰く、“猛虎”のごとき活躍であったそうね。猫だけど。
―クロエ『戦国余話 武人伝』―(ワンコマ)

「戦で奪った旗など贈られても、困ります」
―王位継承権第18位 瑠璃―(戦国姫 瑠璃)

各国の武芸達者がこぞって姫たちに婚姻の申し出を送りつけてきたそうよ。
不器用な手紙が今でもたくさん残っているわ。(座敷ガール)

「那由多様、またお見合いの申し出が届いております」(戦国天使ムシャエル)

「合戦場を駆け抜けて、一旗あげてみせるニャ!」(カシャネコ)

華黄の国では内政がまとまらず王位継承問題が発生した。(ヌリカベ)

「武芸は身を助けるのよ」
―王位継承権第15位 雷華―(戦国姫 雷華)

「え?次のお姫さまを決めるって? あたしも立候補しちゃおうかな!……ダメ?」(戦国姫トリックスター)

華黄の国の世継ぎ問題は、先代の王が忽然と姿を消したことに端を発した。(沼ターボ)

なるほどこれが牛車ね。え?あってるけどたぶん誤解してるって、どういうこと?(朧ギッシャー)

戦姫の外出には必ずブレイヴがお供するそうだ。
どの時代にも見栄ってあるんだな。(桜姫鶴)

いたずら好きの妖戒も多いが、親しくすればいいこともある。(マヨイ家)

長い吊り橋を渡ると広がるファンシーな世界。
ようこそ、パラダイスへ!
―ソウルスポット 38/47―(No.38ラブプリンセス)



武竜一の猛将、戦国龍。渾身の一撃は受け太刀を許さない!(戦国龍ソウルドラゴン)

魂の呪法が邪法師の下に古の軍勢を蘇らせる。(邪法師オグマ)

因果応報! 甲蛾忍軍64代目頭首クワガスレイヤーが、戦国の世に鉄槌を下す。(甲蛾頭首クワガスレイヤー)

厳陀羅の拳は弱きを助け、強きを挫く、貫く、打ち砕く。(覇界明王ニルヴァーナ)

戦国の武人が数あれど、無傷で戦を終えた機巧は他にいないだろう。(大機巧武者コンゴウ)

「あら、まあ……。すべてお断りしておいてくださいな」
―王位継承権第4位 那由多―(戦国姫 那由多)


欲するならば、ただ手を伸ばせばよい。(六絶神 欲望のデス・ガル・ヴァドス)

運命というものは時に残酷に道を閉ざす。(六絶神 鉄壁のクロム・リゼルファー)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。