スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フレーバー】 気づいたら死んでいた

こんばんわ!昨日は生放送にお付き合い頂き有難うございました!
どうもコウヒキツネです!(狐ω狐)ノシ

今日は昨日の生放送中に紹介した構築・戦国紅蓮&烈火出陣のフレーバーテキストをご紹介。
多少、私の独自の判断で順番などを前後させています。




時は戦歴467年。六統幕府の権威は地に落ち、
全国各地に戦国大名を名乗るスピリットが現れ始めた。(イクサトカゲ)

全国各地で名だたるスピリットが名乗りを上げる!
天下を統べるのは誰だ? 今、大戦国時代が始まる!!
(ジンライドラゴン)



六統幕府の6代将軍はやりすぎた。いつの時代も、
民を顧みない王様は討たれる運命なのさ。(ムシャダリュー)

戦歴442年。幼くして7代将軍となったムシャドラコ。しかし、
就任1年を待たず謎の急死。暗殺か病死か、意見は分かれる。(ムシャドラコ)

戦歴443年。7代将軍が急逝。6年後、その弟が8代将軍となった。
しかし、8代将軍は幼く、その実権は側近の武将たちが握ることになる。
以後20年、8代将軍は政治への興味を失い、世は荒れていった。(オオソデプテラ)

8代将軍の元には三魔と呼ばれた寵臣がいたんだよ。
蛇に骨に吸血鬼は、あの手この手で将軍を操った。
気づいた時には、後の祭、いや、この場合、政かな。
かくして、世は乱れ、六統幕府は行きつくところまで行きついた。(夜天竜)

跡目争いに端を発する皇仁の乱は都を主戦場として始まったが、
戦乱は全国へ飛び火、各地で東西に分かれて戦が行われるようになった。
東西両軍は、忍風の里機巧師団妖戒衆など、様々な勢力を味方につけ、
より優位に立とうとし、それがさらに戦いの規模を膨れ上がらせていった。(シップウドラゴン)


乱世の波に乗り下克上を成し遂げた若き武竜。
皇仁の乱初期は西軍に参加するが、戦歴471年、東軍に寝返った。(若武者 飛輪丸)

荒武者マ・ゾゥは東軍総大将として知られる戦国大名である。
傭兵集団マ一族を率い、皇仁の乱を戦った。(荒武者マ・ゾゥ)


鋼の刃を備えた古竜の1匹。その刃は玉鋼でできており、
戦国ジークフリードの持つ竜魂槍の素材としても使われている。(鋼刃竜カリヴォロス)

巨大な2本の角を生やした古竜の1匹。その角と青い鱗は、
青鱗甲と呼ばれ、武具の素材として一級品である。
しかし、ダブホーンの捕獲は困難を極め、世に出回っている数は少ない。
当代で青鱗甲の鎧を手にしている者は、戦国ジークフリードのみだろう。(双角竜ダブホーン)

魂の力を集めた竜魂槍を携えし西軍総大将!(戦国ジークフリード)


戦歴473年。ジークフリードマ・ゾゥが相次いで病死
戦争の長期化もあり、総大将を失った両軍は、和睦へ向けて動き始めた。
戦歴477年。西軍は解体され、10年におよぶ皇仁の乱は終結を迎える。
歴史的にみれば勝者も敗者もない、虚しい戦いであった。
しかし、この戦いが後の大戦国時代の幕開けとなったことは間違いない。(ムラクモドラゴン)


戦国の申し子が二振りの刃で戦乱を切り開く!(センゴク・グレンドラゴン)


炎龍の咆哮とも云われる天守閣と尾のような長い城壁を持つ、武竜たちの本拠地。
その威容はまさに1匹のドラゴンを想起させる。(激龍城)

ここは遥か東方で栄える奇岩の都。
空の大樹と呼ばれる岩山は一度は見ておきたい。
―ソウルスポット 13/47―(No.13イーストキャピタル)





なんというか、ムシャドラコもジークフリードもマゾゥも死んでる・・・(汗
東軍と西軍の戦いでしたが、新弾では一体どうゆう展開になっているんでしょうか

次に烈火伝第1章のフレーバーテキストのまとめと21回目の放送をアップします~

それでは、コンなとこ!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: バトルスピリッツ | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。