スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年、使い倒した・思い出に残ったカード総合ランキングの発表!後編

それでは後編、5位からの発表です!



同率4位 スピリット【冥府三巨頭ザンデ・ミリオン】
投票数は6票。鉄壁の白を突き崩す恐怖のダブルシンボルスピリット。【冥府三巨頭ザンデ・ミリオン】

「紫の救世主!」
「最後の締めにお世話になりっぱなしです」
「終盤のキースピ群から。自分も良く使ってたので」


特筆すべきはその突破力。
【獅機鎧神ヴァルハランス・レオ】や【戦術機神コナン・バウル】によって落ち目をみていた紫ですが、このザンデミリオンという紫の救世主の出現によって一方的な戦いはなくなりました。
軽減の多さを活かし突然現れブロッカーの計算を一気に崩し、何とか耐え切っても場は壊滅状態になっている事もしばしば。
アルティメット環境になった今、立ち並ぶアルティメットを横目にブレイヴを背負って3点削りにいける強さはこのスピリットにしかない強みです。
一年間お疲れ様でした。



「ずっと使ってました!」
「結局一年中使ってた」


投票数は6票。その便利さにデッキから抜く事が出来ない中毒プレイヤー大量発生中!

同率4位 スピリット【焔竜魔皇マ・グー】

「なんだかんだで強くて使ってた」
「赤に不死に多色コントロールに」
「環境がどんなに変わっても、赤デッキ不動のエース。セイリュービ亡き後、やはりコア戻しが強いことを証明したスピリット。アルティメットデスペラードをほぼ無効化してしまうのも環境に適応」


と、前年ランキング堂々の2位からは転落したものの、メインステップで使ったコアを帳消しにしてしまうコア回収能力が高く評価され2年連続TOP10入りしているのは流石の一言。
シンボル追加効果、BPアップ効果を持つため攻撃性能も高くビートダウンデッキ、コントロールデッキと幅広く色々なタイプのデッキの主軸となれるカードは他にはありません。
アルティメット環境になりアルティメット達のその高いBPの壁に阻まれやすくなったものの、【アルティメット・ジークフリード】の持つ【真・覚醒】とも相性もよく、高コストアルティメットのコスト運用サポートとしても活躍しています。
メインアタッカーの座はアルティメットに譲り、サポートとして2014年も色々なデッキに投入され続ける事かと思います。
一年間お疲れ様でした。



「場に出ては破壊され手札に、言葉通り一番使ったかも」

投票数は7票。何度破壊されても手札に戻り、再び舞い降りプレイヤーを守る戦場の乙女。

第3位 スピリット【戦神乙女ヴィエルジェ】

「嫁」
「ちっちゃいやつは封殺」
「ビートダウンをいじめる遅延の女王」


召喚時効果によるライフ回復、指定コストのアタック封じ、破壊時に手札に戻り再び現れるそのしぶとさ。
どれもこれも強力な効果でしたが、アルティメット環境になってその強さは更に増したかと思います。
多くのアルティメットはアルティメットトリガーによりスピリット達をすり抜け、相手のライフに安定してダメージを与えられる強みがありますが、1点しかダメージを与えられないため、ライフの1点を回復出来る意味が大きくなりました。
アルティメットを召喚するには召喚条件を満たさなければいけないため、軽めのスピリットの採用が多くなっています。そのため指定コストのアタック封じが刺さるスピリットが多くなっています。
前年ランキングでは16位だったのが3位に上昇するほどまでに意識して使われたのはそういう背景があるのかもしれません。
2014年では2月に【系統:詩姫】としてリメイク、3月のアルティメット03では裏十二宮ブレイヴが収録されるとの事ですが、戦神乙女の力をどれだけ受け継いでいるのか、今から楽しみです。
一年間お疲れ様でした。



「出したら勝ちゲーが多かった」
「ゲームエンドに持ち込む手段として」


投票数は8票。出せば勝てる!? 相手の手札に眠る防御札を縛り、バーストをも封じる約束された勝利の剣!

第2位 ブレイヴ【深淵の巨剣アビス・アポカリプス】

「中毒カード」
「牽制&とどめに」
「頼むからヒドラ以外のコンボで使われないで!」


相手のマジック、バーストを相手のフィールドに存在するシンボルの色のもの以外を封じてしまうというソードブレイヴの中でも屈指の強さを誇る一振り。
ソードブレイヴゆえに剣刃編最終弾で追加された効果【抜刀】と相性がよく、青以外のデッキでも採用される事が多いブレイヴですね。(それでなくとも召喚時効果も相まって5コストはこのパフォーマンスに対して安いかと思います)
そのハマってしまった時の一方的な強さゆえに

「害悪」
「シンボル消して何も出来なくさせるクソゲーを引き起こした張本人」


といったコメントもよせられています。

アルティメット環境の今、アルティメットの欠点の一つ、色を持たぬアルティメットシンボルという隙を突ける点の評価は高く、2013年を象徴するソードブレイヴということもあり納得の順位ではないでしょうか。
一年間お疲れ様でした。




「一番良く使ったカード」
「絶対に外せない防御マジック。しかし、アビスを出されて、何度発狂したことか…」


投票数は13票!
いくら攻撃力が高くとも、準備をしている間に倒されてしまっては意味が無い。
たった1点のライフ回復がどれだけの安堵と絶望を生むか、この1枚が教えてくれた。
相手の何十何百と続くはずの猛攻も、この1枚が止めてくれた。
防御の全てはこの1枚に集約されている!
ライフで受けて、バースト発動!

第1位 マジック【絶甲氷盾】

「安心の命綱」
「デッキ組むときの優先的カード」
「マジック枠確定の絶対的存在。詰めに来た相手をあざ笑うとともに、どうせ氷盾でしょ?と諦めさせる強い味方」


まずはやはり手札に握っている時のその安心感。
これ1枚握っているだけでブロッカーを残さずに殴りにいけたり、絶甲氷盾のコスト分以外のコアを別作業に使い切ったりなど多くの無茶な行動が出来るようになる。
しかし、かつてはシンボル付きブレイヴや【焔竜魔皇マ・グー】によってライフ1点回復だけでは間に合わない事も多かったため、【デルタバリア】や【フェーズチェンジ】、【ブリザードウォール】等の防御マジックも選択肢に含まれていました。
が、

「アルティメット環境で更に有用」
「入れないと不安になるくらいの必須カード。U環境は特に」
「アルティメット環境になってさらに需要が高まった防御の要」


と言う意見も多くあるように、アルティメット環境ではアルティメットのシングルシンボルでの殴り合いが多くなったため、アルティメットのアタックに反応出来ない【デルタバリア】や【ブリザードウォール】は防御マジックの選択肢から外れ、確実にそれ以降のバトルをシャットアウト出来、1点回復も出来る絶甲氷盾は今の環境最も適した防御マジックとして1位に選ばれたのも納得です。
その使い勝手の良さから白デッキ以外や多色デッキでもタッチで入られる事も多く、1点回復したいためにバーストセットする事も多いですが、先述した【深淵の巨剣アビス・アポカリプス】や【双銃機神ディルム・ダイナ】で対策される事も多いので、過信するのは禁物。

一年間、本当にお疲れ様でした。




以上でTOP10(11枚ですが)の発表を終わります。

前年ランキングと見比べてみるとかなりの激変が起こっていることがわかります。
マグーと緑だけだった前年と比べ、色々なデッキタイプのキースピリットがランキングに名を連ねています。
前年1位だったリュービは規制がかかってしまったので無理もありませんが、まさかヤマトの採用率がここまで下がるとは誰が予想したでしょうか。それもこれも有用なバーストメタが多く出た事も一因になってるかもしれません。
まだまだ出たばかりのアルティメットがTOP10に食い込む事は出来ませんでしたが、来年ではどのようになってるか楽しみです。

11位以降のカードも近々上げていきますので少々お待ちを。

まぁ、こんなとこ。



面白かった方は拍手をお願いします!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: バトルスピリッツ | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。