スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神速使いの武者修行

どうも、浮気をしたらハーキュリーさんに後ろから刺されたです。

さて、再び仕事の関係上、SB参加自体が厳しくなってきたので、節目ということで参加した非公式のレポートです。



デッキ名:God-speed(神速特化)


第1戦 白重

オーシンはともかく、相変わらずレイザウラーに苦戦。
中盤から睨み合いが続くが、早めに聖域を引き当ててアタック不可を解除。蟹の支援を受けたイビル・ハーキュリーが連打する。
最後はデルタを張られるもハーキュリーのアタックの度にトラッシュに貯まっていた低コス神速を回収、牧草地付き神速召喚でハーキュリーを回復させ、再び回収という人海戦術で押し切り辛勝。疲労ブロッカーがいなくて良かった。

第2戦 ガルード

リオックさんがアタッカーに、牧草地がストッパーに大活躍。
初手で牧草地を張り、次手でリオック。その後、順調にイビル・フィッシャーをブレイブさせてからは牧草地付き神速を特攻させては回収を繰り返して終始攻勢を続ける。
終盤、ガルードが出されたが複数体リオックが揃い、攻防共に整っていたこともあってそのまま勝利。
大型は不在ながらも、緑らしいビートダウンが取れた戦いだったと思う。



火力不足に悩んで中途半端なデッキになってしまった身内大会の反省から、横浜で使ったテルミナートル、東海のハーモニーと同じ神速の血筋を受け継いだ純神速を組みました。
時流というか環境というか、こういう尖ったデッキを使っていると、どうしても抗えないものはあります。
それでも、今も現役のマッハジーやアメンボーグが登場したときから続く系譜の理論は、使うだけの価値があるものだと再び感じさせてもらいました。

しばらくは「ざわ……ざわ……」ってできなくなりますが、とりあえずこんなところで

行くぜ! スワベサンダー!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: バトルスピリッツ | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。