スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム白紙 諜報員鷹のMAX潜入報告レポート

こんばんわ!ちょっと更新を止めてましたキツネです!(爆

今回は大分も時間が経ちましたが、MAXに潜入していた諜報員 鷹のレポートをお送りします。
※鷹は声優諏訪部順一さんが大好きすぎて、諏訪部さん中心のレポになってます、ご了承ください(笑

写真 12-07-22 11 51 36写真 12-07-22 14 48 57

鷹 東京MAX潜入報告
ビッグサイト入りまでの潜入レポートは割愛。検挙されたくない。

0900 開場
ビッグサイト入りしてからまず、ステージ列と物販列に分かれていることに困惑する。
ステージ列に列ばせろと直談判しようとするも連絡がつかず、
帰ってから軍法会議にはかけられたくないので、断腸の思いで物販列に並ぶ。

0910 アナウンス
ビッグサイトイベント恒例の開場ダッシュを見ても物販の列はピクリとも動かない。
開場10分にして早くも迷子のアナウンスが会場に響く。
このとき、このアナウンスが後々で大事な役割を持つことは知る由もなかった。

1045 スワベサンダー!
当初の任務を遂行し、ステージに直行。
すでに声優陣によるステージが始まっていたが、物販に列んでいたので、
開幕ステージともども最初の方は見逃した。
そして、到着してからの第一声
「スワベサンダー!」
必殺技じゃないよ。ある意味回復マジック。
抱えた装備の重さとか、2時間近くも列んだ疲労も吹き飛んだね。

ここから特に印象に残ったところをピックアップしていく。

まず、「こんなマジックがあったらいいな」の男性声優の方々のカード。

福山さん「土下座」
ライフ減少や、アタック、ブロックをなんだかんだ大人の事情で無かったことにしてもらえるカード。
ただし、ライフの代わりに心が削れる。
「スタッフー、土下座持ってきてー」と、何度も会場に笑いを生んだ。
諏訪部さん「フォースドロー」
最初は既存のカードだと思った。
しかし、よく見るとコストが軽減なしの39。イラストのドローカードが諭吉先生になっている。
「相手の財布から4枚ドローする」
説明が入った瞬間、会場が台喝采と笑いに包まれた。
まさに試合に負けて勝負に勝つカード。財布から4枚もドローできたら、それは勝利だ。
緑でひたすらコアブーストしてれば発動も夢ではない。
阪口さん「見せてもらおうか」
いろんなところとの問題を乗り越えて生まれた1枚。某彗星のイラスト付き。
相手の手札を見せてもらったり、BPが通常の3倍になったりする。
「カードの性能差が、戦力の決定的な差ではない」
「見せてもらおうか、白い奴の性能とやらを」
みなさんノリノリでした。

次に、声優さん自身が印象に残っているシーンについてのトーク。

ナレーションとキャラクターの2役をされてる諏訪部さんだが、
そのナレーションとキャラクターが交互に出てくるシーンが選ばれていた。
別作品になるが、某弓兵(CV.諏訪部さん)と某王様の戦闘シーンで、
いつもの声から少年の声色に変えて油断を誘うというのがある。
こいつが大好きな俺には、声優さんってすごいなと再認識させてくれるお話だった。

そして度々流れる迷子や対戦呼び出しの放送が、
東京都からお越しの諏訪部順一さん。まもなく新アニメ発表会が開始されます。
間に合わない場合、失格となりますのでお急ぎ下さい
」と爆弾発言。
そんな発表会が楽しくないはずがない。
黄色い歓声が上がる緑川さん、息も切れ切れに駆け付ける諏訪部さん、
その諏訪部さんのナレーション解任を告白する監督と驚愕の会場。
公開されたPVについては、野太い歓声が上がる堀江さん、再び黄色い歓声の浪川さん、
キャラクターとしての登場が告知されて会場歓喜の諏訪部さん、新ナレーターの小山さん。
という豪華声優陣が発表された。

こんなとこで主だったステージイベントが終わり、全国大会に俺は観戦せずに休憩タイム。
先行発売でセイバーを引き当てて「セイバァァァァー!!」
と思ったらスペルが違ったり、1人だけサイコロでハズレたり、
1/10000のクジなんて当たるわけねぇと思いながら抽選会に臨んだりして東京潜入は終わったのでした。

教訓:今度から装備の量を減らそう
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: バトルスピリッツ | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。