スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンスリンガーの9つの秘訣(主にマナー)

どうも、センチです。
とうとう東京CSが明日ありますね。
広島CSの結果を踏まえ、どんな環境になっているのか楽しみです。
自分が行けませんが、知り合いが何人か行っているので報告が楽しみです。

さて、今回は広島CSに参加して感じた、ガンスリンガーをスムーズに抜けるための9つの秘訣(主にマナーの話)をご紹介します。



その1、持ち物は最小限にするべし。
ガンスリンガーは移動が多い試合です。物が多くては移動の際に邪魔になりますし席についても隣の人に迷惑をかけてます。
そして何より忘れ物の原因にもなります。毎年CSでデッキやカバンを紛失している知り合いは少なくありません。
かくいう自分もデッキケースを失くしてしまいましたが、何とかスタッフの方に届けられていていました。
ガンスリンガーに参加される方は肩掛けカバン一つに納まる程度の荷物に纏め、常に肩からかけておけるようにしましょう。
カードはガンスリンガー用デッキとトーナメント用デッキ、あとはデッキ調整用カードと、デッキケース3つ分ぐらいにに収まる程度がちょうどいいと思います。
自分は背水の陣の意味を込め、CS当日は『デッキ1つ』のみしか持って入りませんでした。調整用カードすら持っていきませんでした。
「もしかしたらトレード等で必要になるかも……」と思うかもしれませんが、トレードする暇があったらガンスリンガーに挑んで1つでも多くのポイントを貯めてスリーブやロロ等のCS限定アイテムをぜひゲットしましょう!


 
その2、コア準備をするべし。
例えばもしガンスリで勝利し、負けた人が席を離れた時、あなたは自分のデッキをシャッフルし、リザーブとライフの準備をして次の試合に臨むかもしれません。
その時、余裕があれば対戦相手側のリザーブとライフの準備もしておくと相手の準備も少なく、試合がすぐに始められます。
もしガンスリで敗北した時も、席を離れる時にとりあえずライフとリザーブの枠の中にライフ分とリザーブ分のコアを置いておけば、次の試合の人がスムーズに始められるかもしれません。
そういう次の人の事を考えて動く事で、全体がスムーズに流れて試合回数が1回でも多くなるかもしれません。



その3、あいさつを忘れるべからず。
必ず試合前には挨拶をしましょう。
席に座った時、デッキカットする前、ジャンケンする時等3回は少なくともチャンスがあります。
無言ではじめるのではなく、挨拶をちゃんと交わして気持ちよく試合を始めましょう。
気持ちよくない試合を何回もしていればストレスも溜まりまともなプレイングもできなくなります。
お互いのためにも挨拶をしましょう。


 
その4、デッキシャッフルはカットをするべし。
試合前に必ずお互いのデッキを交換しシャッフルのがルールです。
その時、トランプを切るようにシャッフルをする方がほとんどだと思います。
普通のSB等でならこれでも良いとは思いますが、ガンスリンガーでは違ってきます。
一勝でも多く勝ち取るために焦る人もいるのではないでしょうか。
そして焦るあまり、シャッフルに失敗して相手のデッキを散らばしてしまったり、
相手のカードを傷つけてしまったり、最悪それでジャッジキルになる事も。
実際広島CSでジャッジキルされた人がいるそうです。
なのでそうならないためにも、相手のデッキはシャッフルではなくカット(相手のデッキを3,4つに小分けして再度ランダムに1つに重ねる)をするのがオススメです。


 
その5、ステップ宣言を忘れるべからず。
ステップ宣言も大事です。
【コアステップ】【ドローステップ】【リフレッシュステップ】、最低でもこの3つのステップと場合によっては【アタックステップ】の宣言と順番は必ず守りましょう。
何もいわずに順番めちゃくちゃにやると「コアステップを飛ばしてドローをしたんだからコアは増えませんよ」と注意する人もいます。
もちろんルール上は順番が明確に決められているのでこの注意も間違いではありません。実際CSでも見かけました。
こういった事で時間をとられないよう、ステップの宣言と順番は守るようにしましょう。
最近ではミブロック・バラガンの採用等も多くなり、【アタックステップ】の宣言も重要です。
アタックステップ開始時に何か効果を持つスピリットを召喚した場合は、召喚したプレイヤーが相手に一言「アタックステップ開始時になったら教えてください」と言っておきましょう



その6、アタック時にBPとダメージ数を言うべし。
アタック時にはBPとライフで受けた時のダメージ数を言うとスムーズに試合が運べます。
「マグーでアタックします。BP16000で3点です」
と言った具合に言うと、相手が「BPいくつですか?」「ライフで受けると何点減りますか?」と質問する回数が減ります。
ガンスリンガーはスピードが命、スムーズに試合を運ぶためにも言ってみてください。



その7、フラッシュ確認を行うべし。
おそらくガンスリンガー始まる前にギャラクシーも言うと思いますが、ちゃんとフラッシュ確認を行ってください。
防御側であるのなら「フラッシュありません。何も無ければライフ(orこのスピリットでブロック)で」。
攻撃側であるのなら「アタックします。フラッシュ何かありますか?何もなければブロック宣言(orバトル解決)までどうぞ」と宣言しましょう。
この一言があるだけで「ブロックする前にフラッシュがあったのに!」等の言い争いが無くなります。
スピードも大事ですが、バトルスピリッツはカードを使ったコミュニケーションです。お互い不満が無いようにバトルしましょう。



その8、巻き戻しをする者はプレイヤーに非ず。
論外です。
一度召喚したスピリット等を「あ、やっぱりやめます」と言ったり、フラッシュ確認したにもかかわらず、相手がライフで受けようとしたら「あ、やっぱりフラッシュあります」と言ってみたり。
フリーならまだしも地区最強を決める公式大会でこんな事をするのはもってのほかです。
実際広島CSではありました。
皆さん、スピード云々の前にルール上認められない行為です。
ちゃんと相手のターンの内に次の自分のターンのスムーズな動きを考えておきましょう。



その9、試合中のおしゃべりは控えるべし。
対戦している最中に対戦に関係ない人とおしゃべりしないようにしましょう。
対戦相手に「イカサマしている」と思われ、ジャッジを呼ばれる事もあるかもしれません。
そう思われないためにも対戦中は対戦相手以外とはお喋りしないようにし、
観客の方も知り合いでも対戦している人に話しかけないようにしましょう。




以上が自分の感じた9の秘訣となります。
皆さん楽しくバトルをしガンスリンガーを勝ち上がりましょう!

まぁ、こんなとこ。



参考になったら拍手をお願いします
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: バトルスピリッツ | ジャンル: ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。